DVD、ブルージャスミン

真実子が買った映画のDVDを何本か見たんです。

その内の1本『ブルージャスミン』。
いやいやこれが凄い良い映画。期待してなかったんだけど。

jacket1-1

何で期待してなかったかといいますと、箱の裏面の簡単なストーリー解説です。

〜〜元セレブの女性が落ちぶれて全てを失い、再び華やかな表舞台への返り咲きを図るも〜〜

どう考えても、そんな私らには縁のないニューヨークセレブの女性が人生のどん底に落ちようが知ったこっちゃないよ。
ヒロインに感情移入できるわけがない。

ところが、観てびっくり。最初から最後までもうこの元セレブ女性「ジャスミン」に惹かれっぱなし。
冷静に考えると、この女性に肩入れして感情移入する必要もないわけだけれど、
不思議なことに、観てるうちに「あーダメだよ、もっと現実と向き合わなくちゃ」とか、
「ダメダメ、そんなひどいこと言わないの」…もうすっかりジャスミンにどっぷり感情移入しちゃってる…

もうなんといっても主演の女優が素晴らしくて、とても演技してるなんて思えない。
最近は映画をあまり観ないのでよく知らないんだけど、この女優、ケイト・ブランシェット、もうなんとも言えない存在感と魅力。
この人でなければ、ここまで心を揺さぶられなかったかもしれない。
夫役のアレック・ボールドウィン、妹役の女優さんも素晴らしい。ファッションもセットの配色、画面構成何をとってもパーフェクト。
映画館で見るべきだった。
DVDを見た後に30分。休憩して、もう一度最初から観たのでありました。

DVD、ブルージャスミン」への4件のフィードバック

  1. 真由美

    ご夫婦で同じものを見て感動する→感性が同じ 
    素晴らしい&羨ましいです。

  2. miyake 投稿作成者

    そうでもないんです。真実子がまとめ買いしたDVDを借りて一人で観たんです。
    しかも、真実子に「凄く良かったよ」って言ったら、「そんなの買ったっけ? 覚えてないしまだ観てない、そんじゃあ観てみようかな」って、ことでした。

  3. もみじ饅頭

    三宅社長さま

    昨日、日月潭から帰ってきたんですが、
    そういえば、ケイト・ブランシェットの写真が
    蒋介石の別荘に飾ってありました。
    日月潭でSK-Ⅱの撮影をしたそうです。

    この映画、良さそうですね。
    見てみます!

  4. miyake 投稿作成者

    ケイト・ブランシェットが、日月潭でSK-Ⅱの撮影 !!
    なんだか、組み合わせが全然ごちゃごちゃでイメージが湧かないんですが。
    最近は映画をあまり観ないんで、(テレビは持ってないし)、この女優さんのことも知りませんでした。
    素晴らしい女優さんですね。ぜひ観て下さい。
    ファッションもグッドですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。