台湾のレシートは捨てちゃダメなんだよ

台湾のレシートは捨てちゃダメなんだよ!

知ってるよね。

レシートの上の方に6桁の数字が印字してあり、
その番号で、2ヶ月に一回、賞金が当たる、というしくみなんです。

というわけで、わざわざ宝くじを買わなくても、
普段の買い物のレシートがくじになってるわけだから、
くじ好きの人には、大変魅力かもしれませんね。

当選金は最高の特別賞が1000万元(約2738万円)、
以下、200万元(約548万円)、4万元(約109,514円)、1万元、4千元、千元、200元
となります。

台湾では5%の営業税っていうのあるんです。
レシートをちゃんと発行して、納税をきちんと行う、という目的で
政府がこういうシステムを導入したのだそうです。
(実際、未だにウチはレシート出せないよ、とかっていう小さな店もあります)

そんでですね、私達夫婦はこの16年で、どれだけ当たったかというと、
数回ですね。5回くらいかな。もっとあるかな、いや、そんなもんかな。

もちろん少額です。200元がほとんど。
一度だけ1000元があたったような記憶がありますが
定かではありません。

でもね、レシートを整理するのって結構面倒なんですよ。

ほら!

2ヶ月ごとに色分けされたレシートを、こうやって分けて、
新聞やネットで発表される当選番号と照らし合わせるのですが、
私は気が遠くなりそうなので、真実子に任せています。

でも、さっきあまりにも溜まってきたので、まずいかなと思って、
2時間かけて、ここ数ヶ月分のレシートを分類、整理しました。

もう古くて、もし当選してても換金できないものもありました。

ここで質問です。
あなたならこういう古いレシートを、換金できないのがわかってても、
念のため当選してるかどうか確認しますか?

もしするという人、あなたは変態です。

もう一つ質問です。

セブンイレブンとかで、コーヒーとパンを買うとしますよね。
1回で買うと、当然レシートは1枚です。
先にコーヒーだけ買って、清算してレシートを貰い、
もう一度今度はパンを買うと、
またレシートを貰えますよね。

と言うことは、当選確率が二倍になるということです。

毎日の生活の中で、こういう要領で、なんでも小分けに何度も清算して
レシートをたくさん貰って、当選確率を上げたいという人。

あなたは、うーん…ヘンじゃないかもしれないけど、
ちょっと面倒なやつかも、です。

私は、そんなことはしませんが、やはりレシートは捨てられませんね。
面倒だけど、やっぱり1000万元当たるとなるとね。

寄付も出来るんですよ。
多くの商店ではレシート寄付用ボックスがレジの近くにおいてあります。

私は寄付したことないですね。

台湾のレシートは捨てちゃダメなんだよ」への3件のフィードバック

  1. もみじ饅頭

    三宅社長さん

    うちは大体、二回の発表につき一回の確率で、
    200元が当たっています。

    私がレシートを整理し、
    主人が引き換えに行きます。

    結局、主人のお小遣いになるんですが、
    まあビール5本分ぐらいにはなっているかと・・・。

    1000元のが当たったら、
    嬉しいでしょうね!

  2. もみじ饅頭

    三宅社長さんへ

    うちでは、
    わたしが整理して、
    主人が換金しにいってくれます。

    だいたい、二回に一回ほどの確立で
    200元が当たっていますが、
    まだ1000元は当たったことないですね。

    当たるかも、と思うと
    なかなか捨てられません。

  3. 三宅

    もみじ饅頭さん
    そんなに当たってるんですか? 良いなあ。
    数年前に当選確率が引き下げられたって聞いた気がします。
    最近、当たんないですよ。でもやっぱり捨てられない。
    寄付もしない!
    もちろん1000万元当たったら、その内いくらかは寄付しても良いですけどね…ハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。