「眼瞼下垂症」–3

眼瞼下垂症の手術のその後ですが、腫れもかなりおさまってきて、快調です。見た目もそんなに怖くなくなりました。この歳だし、どうなってもいいや〜て気軽に手術を受けたんですが、手術直後は、う〜、自分の顔と思いたくないよ〜て感じでした。今ではサングラスもかけないこともあります。
●え〜と、今日で手術16日目です。
これくらいなら写真載せてかまわないかなと思ったんですが、わかりますか?
手術前は、ハンバーグおじさん菅原洋一、古過ぎかな、じゃあ五木ひろしの目みたいな感じでした。
今日撮った写真はまだちょっと、のっぺり顔におおげさな外人の二重瞼のようです。ちょい不自然ですね。あと2週間程で90%完治じゃないや、なんていうんだろう。まあそういうことだそうです。後の10%は徐々になじんでいくということなのでしょう。
k070210b.jpg
手術前 
k070210a.jpg
今日—–手術後16日目
●言っておきますがワタシは別段この不細工な顔を見せたくて載せてるわけではありませんよ。
ワタシも前に紹介した三浦先生の記事を何度も読み返し、写真をもっと載せてくれたらいいのに、と思ったから、もし似た様な症状の人のために写真を載せま〜す。それと、すぐに手術をお進めします。簡単な手術だし、腫れも5〜6日の我慢です。普通の人には分からないでしょうが、眼瞼下垂症の人は一日中額やその他の筋肉を他の人よりも酷使してるわけですから、そりゃ、肩もこるし、疲れやすくてあたりまえです。
●え〜と、あと注意事項、普通の眼科へいってくださいね。日本の雑誌の広告けっこう調べたんですが、なんとかクリニックみたいなところは、べらぼうな値段で腫れも2〜3日で完全に治る、まぶたの裏から脂肪を切り取るので一切傷跡はのこらないだと〜。ゼッタイ嘘だと思います。
まずは総合病院か眼科にいきましょう。
●三浦先生の場合は「手術ハイ」(快適で疲れにくくなったので無理しちゃったり…)の時期があったそうですが、ワタシは別段そういう大げさな、精神的変化はありません。三浦先生は眼瞼下垂症の人はみんな手術すれば、みんな明るくなって自殺者もどれだけ減るだろう、みたいなな事を書かれておられますが、さすがに、それはおおげさにしても、きもちが少し楽になったような気がしますっていうか、無理矢理そう思い込んでます。
もう1週間くらいたてば、もっと楽になるだろうと思います。

「眼瞼下垂症」–3」への1件のフィードバック

  1. 真由美

    WOW!
    体をはってのレポ素晴らしいです!
    同じ病で悩んで見える方々の励み&勇気になったと思います。
    次回、御逢いする時は「お目目パッチリ」の三宅さんですね (^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。