ミミ、歩けるようになりました。

先日まで、足をひきずって這うようにして歩いていたのですが、
だんだんと足腰がしっかりしてきました。
トイレも自分で行けます。

すごく痩せたので、まるで子猫のよう。

瞳孔は開いていますが、目は見えています。
前足は採血や点滴で毛を剃ったので、ことさら細く見えますね…

ミミ自身に苦痛がなくて、生きていてくれれば、それでもう
何も言う事はありません。

(By 真實媽媽)

ミミのその後 その4

今日、めでたくミミの点滴の針を取ることができました。

昨日までの様子

点滴のチューブが取れたら困るので、昨日までは、ステンレスの
フェンスを置いて、ミミが遠くへ行かないようにしていました。

今日の様子

点滴を卒業したミミ。フェンスを撤去してミミの大好きな
クロネコヤマトの段ボール箱を元の位置に置きました。
(両隣に素敵な家があるのに、段ボールが良いんですよ)。

ちなみにミミの寝ているところは、今回、看病のために買った
私の寝袋の上です。このふわふわした感触がたまらなく好きなようで、
昼間も片づけられません。

まだ足がよろよろしているので、トイレは近くに置いています。

そうだ!何と、目も見えるようになったのです。
信じられない…

ミミのその後 その3

ミミ、がんばっています。

一昨日まで入退院を繰り返していましたが、もう家での
治療で様子を見ましょう、とのことです。

犬や猫のリンパ腫は、猫の場合、化学治療をしなくても不思議と
良くなる場合があるそうです。どうやらミミもその幸運を手に入れた
ようです。

ミミは高齢なので、獣医さんの意見を聞いて化学治療は行いません
でした。

入院中のミミ。酸素の濃度が調節できる集中治療室です。
と言っても、とても珍しい病院で、入院しているのはミミだけ。
先生の方針で、ペットのストレスになるような入院はなるべく
避けているそうです。

我が家に点滴の機械が運ばれて、24時間で点滴を受けています。
多分、今日くらいに、点滴の針を抜くことができそうです。

ミミのその後 その2

ミミは先週、とうとう余命を宣告(4日くらい)されました。
立ち上がれないし、ずっと横たわっていて呼吸も苦しそうなので、
私達夫婦は、とうとうこの時がやってきたのかと思い、重苦しい
気持ちでミミをずっと見守っていたのです。

会社のスタッフたちも最期だからと言ってミミに会いに来てくれました。

ところが、先週の土曜日(11/7)の朝、ミミが突然、よろよろしながらも
歩き始めて、大量の水を飲み出したのです。1時間くらいかけて、
ゆっくりゆっくりとです。ミミの身体はやせ細って1.7㎏しか
ありませんが、水を飲む姿は力強い。

いったいどうしたのだろう?すぐに獣医さんに連絡をして
看てみらうと、腹水や肺の水がほぼ無くなっていました。
先生は奇跡が起こったと言って驚くばかりです。
ただ、先週までの病気が原因で、もう目が見えません。

耳は聞こえているのか、まだはっきりしませんが、
もし、これからミミの体力が戻ったら検査してもらいます。

今はまだご飯も少ししか食べられないので、しばらくは様子を見ます。
このまま回復してくれるといいのですが。
ただ失明して、耳も聞こえないとなると、ミミが不憫でなりません。

最近、仕事中は夫婦で毎日会社(6階)と家(9階)を行ったり
来たりしていました。でもミミが少し落ち着いたので、
今日はミミを会社に連れて来てみました。

脳神経にも影響があったようで、ミミは子供返りしています。
大人になって見向きもしなかったおもちゃに、今は反応するんですよ。

ここ何日か、私は寝袋を持って夫の部屋へ行き、夜中も二人で
ミミの面倒を看ていましたが、今夜からはまた交代制にします。

パパの服が好きなミミ

普段夜中は、私ミミパパが自分の部屋でミミの面倒を看ているのですが、
先週末は部屋を交換して、真実ママがミミの世話をしました。

ミミは体調がずっと悪く、特に土曜日はまったく元気がなかったので、
真実ママが試しにパパの匂いがする服を置いてみました。
するとミミは、段ボールからすぐさま出て来て、クンクンと服の匂いを
かいだそうです。そしてパパの服の上に移動。

ミミはミミパパの匂い(臭い)が好きなんですね。

(By ミミパパ)

ミミのその後

ずっと体調の悪いミミですが、何回目かの検査で、
膵臓がかなり悪いのが原因だとわかりました。
(もともとミミは慢性膵臓炎の持病があります)

2年前と同じです。でも前回より状況は悪いようです。

いつも行く獣医さんで、ここ3週間でいちば長い検査を
受けました。今日の病院滞在時間は約2時間。
やっとミミの血管からある程度の血が取れるようになったからです。
その間、他の患者(猫ちゃんやワンちゃん)さんは無し。
ここの病院、本当に患者さんをほとんど受け付けません。

これから治療のためにしばらく家でも注射です。
なんとかがんばって欲しい…今は骨と皮だけみたいなミミ。
私たちが声をたくさん掛けると、がんばって食べてくれます。

(By真実ママ)

ミミの体調が悪いのです…

最近、うちの飼い猫ミミの体調がすごぶる悪く、体重がどんどん
減っています。歩いているとフラフラするようです。

先々週から2~3時間おきにペースト状のごはんをやっています。
24時間体制。夜中は夫が主に面倒を看ているので、彼もフラフラです。
二人とも倒れたら困るので、今日は夫には睡眠を取ってもらって、
私が夜ミミを看ます。

偏食もひどくなりました。
お腹はすいているようですが、好きな食べ物がないのです。
なので先々週から「愛猫園」というペットショップでいろんな
種類のおやつを買って試しているのですが…..

魚系、鳥肉系、ヨーグルト系、牛乳系、どの味も好みではないみたいです。
牛肉味に少し反応しましたが、食べるのはほんの少しだけ。
今まで大好きだったチュールもダメ。
いちばん好きなのは、麦芽味。でも、これって毛玉除去剤なので、
沢山やってはいけないのです。困りました。


今日購入したおやつ類。ほぼ日本製です。

15歳半のミミ

もうお婆さん猫ですが、見た感じは、まだ子供のようなミミ。

このあいだまで、よく吐いていたので、今は胃薬を飲んでいます。

大好きなチュールをやめて、獣医さんから勧められた「ビオナチュレ」に
変えました。チュールは塩分が多いそうです。ビオナチュレは低リン、低ナトリウムで、
高齢のミミに適しているそうです。ミミも気に入っています。

そろそろ来年のカレンダーの写真を撮りますね!

(By ミミママ)