台湾式「スープの入ったビニール袋の口をしばる方法」

●台湾でのスープ又はスープ+麺のテイクアウトを先日紹介しました。
このときの写真では、ビニール袋の口は普通にしばってありました。
●今回は、もう一つのしばり方を紹介します。
台湾では、こちらの方がきっとポピュラーだと思います。

k090209a.jpg
●輪っかになった、結び目の無いビニールの紐を使います。

k090209c.jpg
●輪の片方に、もう一方の輪をくぐらせます。

k090209b.jpg
●くぐらせた方の輪の端を引っ張ります。

k090209d.jpg
●そのまま、もっと引っ張ります。
もちろん、もう一方の手でビニール袋の口を持っています

k090209e.jpg
●更にぎゅっと力を入れて引っ張ります。

k090209f.jpg
●はい、これでもう持ち上げても大丈夫。
しっかり結べました。

●慣れれば約2秒、でしょうか?

●紐をほどくのも簡単です。

k090209g.jpg
●結び目を指先で引っ張って緩めます。

k090209h.jpg
●そのまま引っ張れば、このとおり。

●おそらく、ほどくほうが簡単ですね。
結ぶのは店の人、ホドクのはお客さんですからね。
かかる時間はやはり2秒くらいでしょうか。

●「結び目が無い輪っか状のビニールの紐」これがポイントですね。
普通の紐を結んで輪っか状にしたものでは、元々の結び目と新しく作る結び目がけんかしたりして複雑になるし、ほどくときにも元の結び目がじゃまになりそう。
●というわけで、「結び目無しの輪っかビニール紐」便利ですよ。
●皆さん是非、台湾旅行ではスープ麺のテイクアウト、トライしてみて下さい。
あと、例のビニール紐は屋台のおやじさんに少し分けて貰って帰れば良いですよ。
日本でも重宝するかもしれません。
●今日は大変ためになる内容でしたね。
(↑誰に???)
●miyake、技術指導(?)+お手本—-直子ちん

台湾式「スープの入ったビニール袋の口をしばる方法」」への4件のフィードバック

  1. Aki

    大変参考になりました(多分)♪
    結び目のないビニール紐をゲットしないと、お話にならないですが。
    日本であまり見かけない紐ですね?!
    台湾行の際はぜひトライしたい一技です。

  2. yamaguchi

    一昔前までは結び目がある紐だったのに、最近は結び目無しが定着しましたね。
    (以前は自動輪っか結び機なんてのがアジアの包装資材業向けにありました)
    結び目があった頃は確かに解く最後でひっかかりましたね、あと慣れないと何処引っ張って良いのかよく判らなかったりもしました。
    今じゃカップにフィルムで蓋が主流ですが、昔は豆乳とか朝食屋の飲み物もビニール袋でしたね、自分達日本人や女性ローカルスタッフはコップに移して飲んでいましたが、一部の男性ローカルスタッフは袋の上を少し緩めたり穴を開けたりして、ストローで器用に飲んでいました。(油断するとストローで底に穴がw)

  3. miyake

    Akiさん
    はい、是非トライして下さい。紐をほどくのは簡単ですが、ビニール袋から麺と具、スープをカップに入れるのがちょっとこつが要ります。慣れないと服に汁が飛び散ったりするので要注意です。
    yamaguchiさん
    そういえば、10年くらい前は豆乳などはビニール袋で持ち帰ってましたね。ビニール袋から直接ジュースや豆乳って、落ち着いて飲めませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。